◆ 全室個室・ユニット型の新しい特養です。
使い慣れた家具やご愛用の品々をおもちいただけます

140床は全室個室、11~12部屋を1ユニット(生活単位)として、専用のリビングを備えています。
居室はすべて個室で、約8畳の広々としたプライバシーに配慮されたお部屋です。
ベッド・床頭台・エアコン・照明・鏡・カーテンなどは設置されていますが、タンスなどの家具や調度、日用品、専用テレビ等を持ち込むことができます。
ご自宅でご愛用の品々をお持ちいただくことで、より自分らしい生活を続けることができます。
個室ならではの自由、一人ひとりの暮らし方を変えることなくゆったりと日常をお過ごしください。

◆ ユニットケアという小規模単位の暮らしのなかでスタッフと顔馴染みになり、こころ通うコミュニケーションが生まれます

11~12人(11~12室)を1ユニットに、ひとつの家庭のように考えてつくられた介護スタイルがユニットケアの大きな特長です。
個室はこれまでの暮らしの延長でより自分らしく、そして11~12人のための共同リビングでは専任スタッフや、同じユニットで家族同然に暮らすお仲間たち(ご入居者たち)とのコミュニケーションがあります。
特養という大きな施設でありながら、ここにはユニットごとに小規模単位の家庭的な暮らしがあります。
スタッフは一定期間、それぞれのユニットを専任で担当するため、ご入居者にとって顔馴染みのスタッフはまさに家族ともいうべき身近な存在となります。
これまで歩んでこられた生き方は十人十色人です。さくらの杜は、一人ひとりの暮らし方を尊重し、人間の尊厳にふさわしい介護ケアをいたします。

◆ 施設紹介動画

-